台北では夜市でローカルフードを楽しもう

台湾の観光スポットの1つとも言えるのが、やはり夜市でしょう。

台湾人というのは基本的に、朝ご飯も夜ご飯もあまり家で作ると言うようなことはしません。それは、外で食べた方が安くて早くておいしいからです。

その夜市で必ず食べて欲しい台湾料理があります。しかも、台湾料理の中でもチャレンジ料理とされるものなのですが、聞いたことがあるでしょう。

臭豆腐です。その名の通り、臭い豆腐を使った料理なのですが、それを使って揚げたり、煮込んだりした料理です。

それを扱っている屋台の前を通るだけでもかなりの臭いを放っているのですが、料理を目の前にするとまた独特なにおいがしますが、味は意外とイケるという方が多いです。

臭豆腐屋は夜市にはいくつか屋台が出ていますが、たくさん人が並んでいるお店を選ぶのが初心者には良いでしょう。

それだけ美味しい物を出すから人が並んでいるという意味ですから、そういう店を選びましょう。

そして、臭豆腐を食べる時に一緒に飲んでほしいのが、アメリカではボバティーと呼ばれるものですが、日本ではタピオカドリンクと呼ばれ、ずいぶん前に一大ブームを起こしたドリンクが台湾名物ドリンクです。

ベースはミルクティーで、その中にタピオカの塊がいくつかはいったものなのですが、フレーバーはいくつかあるので、好きな物を選び、飲んでみてください。

ただし、かなり甘いので、甘いのが苦手な方は、できるだけさっぱりしたフレーバーの物を選ぶようにしましょう。

そして、朝ご飯こそ、台北では絶対に外で食べるべきなのですが、基本的な朝ご飯をまず食べてみましょう。

油條と呼ばれる台湾式の揚げパンのようなものを温かい豆乳に浸しながら食べる光景を台北のお店でよく見かけます。

これもまた、揚げ物を食べているのですが、さっぱりっとしていて、豆乳というヘルシー食品を口にしますから、ヘルシーな朝ご飯になります。

他にも焼餅と呼ばれるおやきをもっと大きくしたようなもので、中には肉や野菜などが入っていて揚げたり焼いたりしているそれは、歩きながらも食べやすいですし、日本人好みの味で、ボリュームもあって、かなり男性にとっても満足できる一品となるでしょう。

他にもお昼には水餃子や焼き餃子などが味わえるローカルショップに入りましょう。

1人前が20個以上出てくるのですが、安くておいしいです。皮ももちっと厚めなので、日本とは異なる味になっています。

これらは路地を歩いていればどこででも食べられる物です。