日本よりも台北のほうがインターネットにアクセスしやすい

ここ数年、日本を訪れる訪日海外旅行客が増えたこともあり、利便性向上等を目的として、日本国内でもだいぶ無料公衆無線LANサービスのエリアが拡大されました。同じく、台北でも旅行客が快適に台北を旅することが出来るように、無料公衆無線LANサービスのエリアは拡大中です。公共の無料Wi-Fiを利用する方法もありますし、民間の無料Wi-Fiをスポットを利用する方法もあります。

ちょっと前までは、海外でインターネットを使うには、日本国内であらかじめ海外用Wi-Fiをレンタルしたり、有料のWi-Fiを使う方法が主流だったように思いますが、ビジネスで台北へ行く予定で、データ通信等をしたいのであれば、有料Wi-Fiがもちろんおススメですが、今では日本よりも台北のほうがインターネットにアクセスしやすい環境かもしれません。

旅行者がGoogleマップでの位置確認をしたい時や、次に行きたい場所の確認、家族や友人に時々LINEやSNSで近況報告をしたいといった程度であれば、台北市内を飛んでいる無料Wi-Fiを使っても、不便は感じません。ほとんどの無料Wi-Fiは、日本のものと同じく簡単な登録だけで利用できるので、ぜひ活用したいものです。台北市内のほとんどのホテルでは無線LANが備えてあるので、ホテル内では自由にネットが利用できますし、台北の街中のいたるところに無料Wi-Fi環境があります。

中には登録が不要なものもあります。例えば台北で人気のコーヒーチェーン店、伯朗珈琲館(Mr.Brown Coffee)には店内無料Wi-Fiがあり、登録も不要なので簡単に利用できます。ほかの場所でも無料Wi-Fiのステッカーなどが貼ってある場所では自由に利用することがあります。

おすすめの方法は、台北市が提供している無料公共無線LANサービスのTaipei Freeと、ホテルやカフェなどの無料Wi-Fiを併用することです。Taipei Freeは日本語版のページもありますし、台北のMRT駅、MRT地下街、さらに夜市でも使える所が多いのでとても便利です。特に夜市は広いし人込みの中を歩くので、友達とはぐれたときなども安心ですし、広い夜市を無駄にウロウロしなくても位置が分かれば目的に向かって進めますね。併せて使えばだいたいの観光地や移動中、ホテル内で無料Wi-Fiが利用できます。

旅先でインターネットが使えると、効率的に観光地を回ることもできますし、快適に旅することが出来ますね。台北市内を飛んでいる無料サービスを上手く活用して楽しい旅行をされてくださいね!

台北は沖縄寄りも南方にあることを心得ておくこと

台北は沖縄寄り南方に浮かぶ島です。つまり沖縄寄りも暑い。そして何より湿っぽい場所。10月~11月とはいえ、日本人の感覚で言うと台北はまだまだ暦上では夏なのです。また、台風のニュースを見ていれば分かりますが、台北は台風の通る頻度がとても高い国です。日本をそれた台風が頻繁に上陸します。もし、旅行時期と台風時期が重なったらもう大変。観光はおろか、外に出ることすらままならない状況になるかもしれません。しかし、そんなことを考えていても仕方がありません。台北へ旅行すると決めたら、天気のことは割り言ってしっかりと楽しむことを優先しましょう。

夏とはいえ、8月の真夏よりは比較的涼しいです。日中はTシャツ一枚で十分ですが、朝夕になると少し肌寒くなることがあります。そうそう、台北は外が暑い分、建物の中はエアコンを強烈にかけている店が多いので、いずれにせよ何か羽織るものを鞄の中に忍ばせておけば安心です。また、日本に比べると道路の舗装状態もよくはありません。歩きなれた運動靴をはいておくことをお勧めします。日中は日差しも強いので帽子も忘れずに。日本ではおなじみの日傘はあまり使用している人がいませんので、避けておいたほうが無難です。あまり曇りの日がなく、晴れるか雨が降るかのどちらかが多い年ですので、これらの日差し対策は必須です。

南国にはつきものの、スコールも突然やってきます。どんなに晴れていたとしても、雨に備えて折りたたみ傘をひとつは用意しておいたほうがいいです。もしなかったとしても、台北で購入してもいいですよ。日本から傘をもっていくのってかさばりますし、買った傘はお土産にして日本で使ってもいいですしね。

一般的に言われているベストシーズンは、本格的に暑くなる前の5月~6月だと言われていますが、実は10月だって隠れたベストシーズンです。

理由は、先ほど説明したとおり、暑さのピークも過ぎているからです。気になる台風だけ来なければとても快適な旅を満喫することができると思います。

観光で行くのならば台北周辺の都市のことも少しふれておきます。

有名な都市と言えば、平渓、十分老街、九?、烏来あたりですが、これら全ての都市の共通するのは山間部であること。つまり、平地である台北よりも若干涼しく感じることです。台北と同じ気持ちでこれらの都市に行くと寒さにびっくりすると思いますよ。日本の秋と同じくらいの恰好が良いと思います。

台北にかぎらず、台湾全般に言えることなのですが、各所で寒暖の差が激しいので気を付けてください。